PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
6912
誕生年
1993年
性別
男性
学生の出身エリア
アフリカ
大学のタイプ
国内 有名国立大学
卒業年度
2020年3月
学位
修士
特徴
ロボット工学、オートメーション、AIに熱意を持ち、超音波モータとディープラーニング技術を用いた自動歩行補助装置の開発を行っている、メカトロニクスのエンジニア 2020年3月修士課程修了予定

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
(1)1年間、イタリアの機械メーカにて、デザインエンジニアとして勤務。
コンベアベルト、スクリューコンベア、バケツエレベーター、ロータリーフィーダーなど、産業オートメーションを目的とした機械の設計に携わっている。主な仕事は、クライアントのニーズに合わせて既存のデザインをカスタマイズすることである。重要な業績の1つは、同社の新しい機械を最初から最後まで設計したことで、クライアントとの最初のコンサルティングから、CAD設計、シャフト設計、生産までのプロセスを監督する。
(2)東京大学での研究インターンシップ。
圧電スタックアクチュエータの効率最適化に携わる。外部インピーダンスの導入により機械的および電気的共振周波数を整合させる。
(3) エジプトの代替・再生エネルギーソリューション企業にて、研究インターンシップとして勤務。
ソーラーヒーターの過熱を防ぐためPICマイクロコントローラーを使用した自動保護カバーを、3人のチームで設計および製造する。
(4)国内有名大学の精密工学修士過程に在籍中で、2020年3月に修了予定。
論文では、高齢者の歩行を支援するためのロボット装置を開発。この目的のため、超音波モーターおよびAI技術を使用。具体的には、ディープラーニングRNNモデルを使用し個人の歩行行動を予測、人物の歩行パターンを装置が学習、人物の歩みを導くように自らを調整することを可能にする。
(5)カイロの大学にて機械工学の学士号を取得。
論文では、図書館サービスロボットの開発に取り組む。特に、ロボットが本からのバーコードを認識してそれらを棚に保管するのに適切な場所を見つけることを可能にするシステムの、マイクロコントローラを開発する部分を担う。
(5)ロボット工学、RPA、AIについて熱意を持っており、研究開発のポジション希望。ハードウェア、ドローン、ロボットに用いられるような支援技術やハプティックシステムに大変興味を持っている。
【スキル】
機械設計、 制御システム、機械学習とデータ分析、電気機械システムの数学的モデリングとシミュレーション、制御・最適化技術
Python (上級、1年半使用)
ライブラリ: Scikit-learn と Tensorflow
Matlab (3年)
C, C++, SQL, Java, R (デバイス制御や統計のさまざまな大学のプロジェクトに使用)
【日本語】
初級(簡単な表現が分かるレベル)

この候補者が気になる
候補者ID: 6912

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP