PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
6850
誕生年
1995年
性別
男性
学生の出身エリア
南アジア
大学のタイプ
国内 私立有名大学
卒業年度
2020年3月
学位
修士
特徴
ドローンを始めとする自律型空中浮遊ロボットの視覚や制御に活用するディープラーニングアルゴリズムを作成し、研究を行う機械工学の修士学生 2020年3月修了予定

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
(1)1ヶ月間、日本のAI関連企業にてエンジニアリングのインターンシップに参加。
・画像検出と分類モデルのためのAIアクセラレータチップの性能を評価。監督下ではなく独立して業務を行う。
・ビデオソースとサーバーを使用するアプリケーションの構築を行い、無人店舗で商品を購入する顧客に対し検出と分類の結果を提供する。Python ZMQを使用。
(2)1ヶ月間、日本のディープラーニング関連企業にてインターンシップに参加。
・新しい量子化のメソッドを開発し、それらをニューラルネットワーク(CNN)に実装する。
・CNNによる画像分類のためのデータ増大に関する研究論文を執筆。
(3) インド工科大学にて航空宇宙工学を専攻し、優秀な成績で2017年に学士号を取得。副専攻としてシステム制御工学を選択。現在は日本の大学で機械工学を専攻し、修士号を取得中。2020年3月修了予定。
・自動運転車のような自動運転ソフトをドローンに応用するための研究を行う。操縦士なしで制御ポートのコマンドを直接出力するアルゴリズムを構築。コマンドにはインプットとして画像を用いるディープラーニングを活用。
・現在はドローン用の自動運転ソフトの開発に注力。あらかじめ構築されていた様々なモデルについて理解を深め、それらのモデルが上手く機能しない場合にはゼロからの構築を行う。
・PythonとTensorのフローライブラリを使用し、シミュレーションの結果に応じてC ++も活用しながら実際のドローン用のソフトウェアを開発。ROSを使用して無人飛行のシミュレーションを行い、自律飛行に最適なアルゴリズムを研究中。
(4) ロボット工学におけるコンピュータ学習と、ディープラーニングのスキルを継続的に活用できるキャリアを希望。ロボット関連産業に携わり、ディープラーニング分野からのアプローチを続けていきたいと考えている。

【スキル】
Python(4年), C++, C, MATLAB, TensorFlow, Keras, PyTorch, ROS
【日本語】
約2年間、独学で勉強に取り組んでおり、一般的な質問にスムーズに答えることができる。研究室で、毎週日本語で発表しており、専門用語についても半分ぐらいは理解できるとのこと。以前のインターン先では日本語でコミュニケーションを取っており、敬語は話すのは難しいが聞くのは理解できる。漢字は約700字習得。

この候補者が気になる
候補者ID: 6850

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP