PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
6833
誕生年
1988年
性別
男性
学生の出身エリア
南アジア
大学のタイプ
海外 私立大学
卒業年度
2011年5月
学位
修士
特徴
実務経験7年 Androidカーネルの起動とデバッグツールの開発・保守、最新のAndroid Cookieへの移植などに取り組むソフトウェアエンジニア

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
(1) デバッグを可能にするための各コードのCPUスタッシュとログ、ツールを使用してクラッシュファイルを収集し、プラットフォームの立ち上げとカーネル・デバッグツールのリポジトリのメンテナンスを担当。共有するクラッシュ情報を集めるためのgitを開発し、保守を行う。
(2) Android携帯のさまざまなクラッシュに対するデバッグとバグ修正に携わる。基本的には製品の開発段階でクラッシュをデバッグおよび分析し、市場にリリースすることでAndroid携帯ソフトウェアを安定させる。
(3) UFS(ユニバーサルフラッシュストレージ)プロトコルの開発に取り組む。このプロジェクトでは、ホストコントローラドライバとデバイスコントローラドライバの開発、SCSIとホスト間のデータ転送の確立、デバイス側のSCSIコマンドの処理を含むUniproプロトコルインタフェースを使用。
(4) OMAP4(4430)ベースのPandaボード上でのBSP・カーネルドライバの移植とデバッグを行う。ブートローダをデバッグするためにWindowsCE Xloaderの移植(pinmux、cpuの初期化、デバイス構成ファイルの設定)およびCodeviserを使用したeBoot(更新された構成ファイル、PMIC init用のI2Cの構成)の移植を行い、ボードを起動。カーネルレベルでのクラッシュ解析とデバッグで、ディスプレイドライバの移植とデバッグのサポートを行う。
(5) 2009年にJNTU Anantapur(インド)を卒業し、電子通信工学の学士号を取得 。その後Hindustan University Chennai(インド)を2011年に卒業し、組み込み系システムの修士号を取得。
(6) 組込みソフトウェアエンジニア、CやC++を使用するポジションに興味あり。柔軟性がありながら、安定し、チームリードなどのキャリアを積むことができる環境の中で学びたいと考えている。

【スキル】
Linux, C(6年), Embedded C(6年), Python script(1年), C ++(1年), Trace-32, Codeviser, Crash Tool, GDB, Jtag, Stacktrace, 8051 (microcontroller), ARM-Cortex-A8, Cortex-A53, UART, I2C, SPI, USB, TCP
【日本語】

この候補者が気になる
候補者ID: 6833

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP