PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
6713
誕生年
1991年
性別
男性
学生の出身エリア
東南アジア
大学のタイプ
国内 有名国立大学
卒業年度
2020年4月
学位
博士
特徴
アクチュエータの設計と製作、制御設計とエナジーハーベスティングの経験を持つエンジニア 2020年4月博士修了予定

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
(1)文部科学省奨学金を受給し、機械工学博士号取得のために日本の国立大学大学院に在籍中(2020年4月修了予定)。原子力発電所などの施設内小型パイプラインの構造損傷をチェックするロボットを動作させるマイクロアクチュエータの作成に取り組む。研究手法として、COMSOLを使用した流体力学および力学系シミュレーション、シリコーンを用いたソフトマイクロアクチュエータの製造と成形方法、MEMS製造プロセスを使用したフレキシブルバルブの製造を利用。
(2)2015年、母国の大学にて制御工学の工学修士号を取得。機械振動監視システムにバッテリーなしで電力を供給するエナジーハーベスティングシステムを構築するために、民間企業と共同で機械振動エナジーハーベスティングシステムを研究。研究手法として、機械の振動監視用の無線センサーシステムの設計、ボールねじの状態を予測するための機械の振動データの使用、機械の可動部分からの運動エナジーハーベスティングを利用。
(3)2013年、母国の大学にてメカトロニクス工学の工学士号を取得(第一級優等学位)。振動からの環境発電に取り組む。機械の振動をエネルギーに変換する装置を作成。機械の使用者に過熱やその他の状態を警告する機械状態の監視から研究を開始。研究手法として、温度状態の監視システムの設計、圧電を使用した振動エナジーハーベスティングを利用。
(4)メカトロニクスの機械/電気設計エンジニアとして、ロボット工学、自動車、再生可能エネルギーなどの業界に興味がある。
【スキル】
MEMS製造: マイクロロボットとマイクロアクチュエータ
エナジーハーベスティングシステム: 動的、熱的、太陽エネルギーハーベスターおよびエネルギー管理回路
機械状態監視: 予防保全のための振動、温度監視システム
CAD: Autodesk Inventor、Solidworks
FEMシミュレーション: ANSYS、COMSOL
電子システム: センサーとアクチュエータの駆動回路とC言語での低レベルプログラミング
加工:CNC加工、穴あけ、研削
【日本語】
3年間ほど日本に滞在しており、大学では全て英語で授業を受けている。日本語での面接は難しが、日常会話は全く問題はないレベル。

この候補者が気になる
候補者ID: 6713

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP