PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
6693
誕生年
1992年
性別
男性
学生の出身エリア
東アジア
大学のタイプ
国内 私立有名大学
卒業年度
2018年10月
学位
学士
特徴
3カ国の国際法契約に精通するトリリンガルの法律専門家

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
(1)英国の無料の法務サービスにおいてインターン(2018年)
無料の法務サービスにアクセスする顧客と協力し、問題を起草し、弁護士と法廷弁護士に報告。
(2)英国の法律事務所でインターン(2018年)
英国の会社のために定款を変更するための法的根拠を見つけるためのリサーチを行う。フランス、イギリス、アイルランドの企業間の販売契約を終了するための法的根拠を見つけるための調査を行う。査証移転問題に関して日本の会社に法的助言を提供。英国の新しいコーポレートガバナンス法とその日本企業への影響について調査。
(3)国際的な法律事務所で夏の間、日本で団体インターン(2017年) 
法的助言に関する文書を日本語から英語に翻訳。 Brexit、それがEUと日本の関係にどのような影響を与えるのか、そしてこれが当法律事務所パートナーおよびある金融機関にとって何を意味するのかについてのプレゼンテーションを準備。日本の投資家とベトナムの慈善団体の協定に関する訴訟に関する業務のアシスタント。
(4)上記法律事務所でインターン(韓国、2017年)
財務諸表を韓国語から英語に翻訳。ヒアリングに参加し、大手企業のための法的助言業務のアシスタント。プレゼンテーションを起草。
(5)韓国の法律事務所でインターン(2017年)
日本の海運業の研究を行い、日本の病院と韓国の製薬会社との間の契約の起草を手伝う。フィンテック業界の調査を行い、アメリカ、英国、日本におけるフィンテックの訴訟事件の研究を行う。
(6)1年間、国際青少年日本内閣府センターにて、テストを日本語から韓国語に翻訳し、通訳を行う。
(7)ロンドンのクイーンメアリー大学にて2018年法学士取得。立教大学にて国際ビジネスの法学士を取得(2016年)。ジャッソ奨学金およびセイホ奨学金の受給者。
(8)法務およびコンプライアンスに関連するポジションを得意とし、金融や特許などの分野に特に興味を持っている。
【スキル】
ビジネスレベルの日本語と英語、母国語レベルの韓国語、会話レベルの中国語(HSK 4)
【日本語】
高校生の時に学び始め、敬語を含めながらスムーズに話を進めることができ、日本語で困ることはほぼない。法律事務所でのインターンの時にはメール対応も行なっており、読み書きも問題ない。JLPTのN1に合格。

この候補者が気になる
候補者ID: 6693

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP