PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
6549
誕生年
1991年
性別
男性
学生の出身エリア
南アジア
大学のタイプ
国内 有名国立大学
卒業年度
2019年9月
学位
博士
特徴
磁気リニアモーターやモーター制御システムに精通する、電気工学のスペシャリスト。2019年9月博士号取得予定

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
・2016年から現在まで、大学の提携しているスタートアップ企業で研究を行う。主にクライアントの要求に必要な調整の可能性を分析するような電磁界シミュレーションを行うことによって、リニアモーターの制御アルゴリズムを調整する研究を行う。
・企業内では、クライアントプロジェクトに関してCEOとのコミュニケーションを日本語で行なっている。
・自身の研究で、リニアモーター、それらの電気回路、そして制御装置を設計している。モータの構造を設計するのにSolidworksとJMAGを、回路設計にはPSpiceとPoteusを、そしてリニアモータ制御のためのアルゴリズムを作成し検証するためにLabviewによるMatlabとRealtime Processorを使用している。
・2018年に、日本の大手製造会社との間で5ヶ月間の日本語インターンシップを行い、永久磁石リニアモーターの設計のためのアルゴリズム開発を行う
・文部科学省の奨学金を受けており、東京大学大学院博士課程で電気工学の研究を行う。研究成果を掲載した11の論文を執筆。
・文部科学省の奨学金を受け、東京大学大学院で電気工学の修士号取得。
・母国の大学で電気工学を専攻。
【スキル】
MatLab (8年)、 C (5年)、 J Mag (4年)、 SolidWorks (4年)、 Labview Realtime (2年)、 Assembly (2年)
【日本語】
一般的な会話はスムーズに進めることができ、プレゼンテーションも日本語で行なっており、自身の専門分野に関する日本語は問題ない。丁寧な言葉で話すことはできるが、敬語はあまり使う機会がない。半年間、日本人だけの職場でインターンを経験し、日本語でのコミュニケーションに慣れている。漢字を700字習得し、2019年7月にJLPTのN2を受験予定。日本語で面接対応可能だが、できれば複雑な部分等は英語で話すことを希望。

この候補者が気になる
候補者ID: 6549

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP