PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
6271
誕生年
1988年
性別
男性
学生の出身エリア
中東
大学のタイプ
国内 公立大学
卒業年度
2017年9月
学位
博士
特徴
アカデミック分野での多くの実績を持つ、メカトロニクス博士

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
・大学では、科学メカトロニクス工学を専攻。一般メカトロニクス、PCBデザイン、ロボティクス、冷却機構、ロボットアームなどを網羅。卒業プロジェクトとして、麻痺患者が手の使用を回復するのを助けるための受動的なリハビリテーション装置(機械的)に取り掛かる。大学中に、熱伝達酸化鉄に関する最初の論文を発表する。
・修士課程では、メカトロニクス工学を専攻し、マイクロポンプと熱伝達が主な研究分野。癌治療、マイクロスケールアセンブリや産業用などの用途に適用されることが可能な、ナノ流体を活性化するためのマイクロポンプや動的磁場を作成する。がん細胞を標的とすることにより、がん治療薬に使用される流体の伝熱特性や、冷蔵などの工業用冷却用途にも適用できる。
・文科省の奨学金により来日後、首都大学東京大学院博士課程ではメカトロニクスを専攻。従来のほとんどのMRIおよびCTスキャンでは検出できない外傷性脳損傷を主に研究対象とし、どの系統の組み合わせが診断や治療に役立つのか調査に携わる。さまざまな方法で培養神経細胞を培養し、どの種類の菌株が損傷をもたらすかなどの確認も行う。
【スキル】
C/C++、MATLAB、Simulink、Solidworks、Scientific Workplace、Convertorware、dSpace applications、Xilinx、Comsol、メカトロニクスラボ、旋盤、フライス盤、はんだ付け、マウス神経幹細胞培養、PC12細胞の使用経験、クリーンルームのスキル、クリーンルームソフトウェア
【日本語】
簡単な自己紹介や質問への応答はできるが、日常会話や研究内容の説明を日本語で行うことは難しい。ひらがな・カタカナは習得しているが漢字はこれからの学習が必要な状況。

この候補者が気になる
候補者ID: 6271

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP