PROFILE 候補者プロフィール

候補者ID
18681
誕生年
1991年
学生の出身エリア
南アジア
特徴
バイオエンジニアリングが専門の生物学者。ポリマーの合成と分析、NCA重合、単層細胞培養、およびがん細胞のドラッグデリバリー分子に精通する。2020年8月に博士号取得予定。

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

【特筆すべき経験】
(1)製薬業界での勤務経歴があり、生物工学でドラッグデリバリーに携わる。
・ポリマー合成から動物実験までの経験。
・化学合成、分子特性評価、生物学的評価(電気泳動、PCR)および様々な製剤(錠剤、カプセル、乳液、懸濁液、薬用化粧品)の開発の経験。
・ポリマーの合成と分析、がんのin vitroおよびin vivoモデルの開発と評価、イメージング技術、免疫組織化学およびナノ粒子合成の専門知識。
・NCA重合、IR、GPC、HPLC、NMR、DLS、ICP-MS、単層細胞培養、スフェロイド形成、細胞毒性評価、細胞増殖、細胞取り込み、マイクロプレートリーダー(蛍光および吸光)、腫瘍モデルの準備、器官の収集、動物の器官の単一細胞懸濁液の培養、パラフィンおよびOTCブロックの準備、クライオスタットのセクショニング、染色、FACS、PCR、CLSMおよびIVISにおけるトレーニング。
・標的高分子ミセルの合成、腫瘍の微小環境の操作と研究、MRI造影剤の開発、免疫療法のためのin vitro T細胞活性化など、いくつかのプロジェクトに関与する。

【スキル】
化学合成、分子特性評価、生物学的評価(電気泳動、PCR)、異なる製剤の開発(錠剤、カプセル、乳液、懸濁液、薬用化粧品)、NCA重合、IR、GPC、HPLC、NMR、DLS、ICP-MS、単層細胞培養、スフェロイド形成、細胞毒性評価、細胞増殖、細胞取り込み、マイクロプレートリーダー、腫瘍モデルの準備、器官の収集、動物の器官の単一細胞懸濁液の培養、パラフィンおよびOTCブロックの準備、クライオスタットのセクショニング、染色、FACS、PCR、CLSMおよびIVIS。

【日本語】
日常会話レベルで、研究室では友人と日本語で話す。大学の日本語クラスでN3レベルの勉強をしている。漢字は300字程度は読解可能。

この候補者が気になる
候補者ID: 18681

上記ボタンより、候補者の詳細情報や選考招待などをお問い合わせ頂くことができる送信フォームにつながります。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。
    ただし候補者の氏名は伏せておりますので「候補者ID」を参考にしてください。

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィール検索からご興味のある人材がいましたらプロフィール下部にある「この候補者が気になる」ボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

グローバル人材を採用したい方はこちらへ

弊社の人材紹介サービス全般、または特定の候補者の詳細なプロフィールにご関心がある方はこちらからお気軽にお問い合わせください。なお、紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。問い合わせは無料になります。

PAGE UP